様々な餌

キャットフード

ドッグフードはアメリカで作られ、日本では1970年代から普及し始めました。最初はアメリカのブランドのものなどが多く、高級な餌として販売されました。1980年代頃から、犬の健康やより良い食生活ためのドッグフードが普及し、今日では色々な種類のものが販売されています。1990年代にはダイエットが必要な犬が増えたため、ドッグフードにも減量のために通常よりもカロリーを抑えたものなどが販売されるようになりました。その他、食べると糞が臭わないものや涙やけしにくくなるものなど飼い主にとっても良い効果の表れるものが販売されました。そして、2000年代からはオーガニックの物が多く販売されており、今では評判となっています。

今後のドッグフードの動向としては、オーガニックで身体に優しい物が増えていくと考えられます。今でも評判のよいものは、オーガニックで作られているものが多いです。犬にも健康志向なものを与える傾向にありますので、更に増えると考えられます。また、犬の犬種毎に合ったものも評判となっています。それぞれの犬の特徴などをドッグフードにも取り入れることによって。ストレス無く犬が受け入れてくれる所が評判となっているようです。小型犬のものが多いようですが、大型犬のものも増えていくと予測することができます。また、ペットとして犬を飼う人もまたどんどん増えていくとかんがえられるので、値段もリーズナブルになると予想することができます。