犬にも癌はおきる

レトリーバー

人間同様に犬にも癌が発生します。かかる割合は、人間と同じくらいの確率で起こります。特に犬の場合は老犬に近づくにつれて癌にかかる割合は増えていき、10歳以上の犬の場合半数が癌にかかって亡くなってしまうというデータが存在するほどです。 診断については人間よりも難しいとされています。初期症状は別の病気と混同しやすい点があるためです。共通する症状としては、食欲不振・体重減少・無気力などがあります。人間の場合とも似ています。特に体重減少の場合は急に体重が落ちてしまった場合などには注意を必要とします。 より具体的な犬の癌症状としては、嘔吐・下痢・咳・皮膚の病変・かゆみなど多岐の症状があります。さらに口臭や痙攣などの症状も癌の疑いがあります。 主に獣医師が総合的に犬の諸症状から病気を診断しています。

犬の癌も人間同様に初期発見をすることで通常と同じような生活を送ることができます。そのためには、飼い主が日頃から飼っている愛犬の状態を観察して記録に残す習慣をつけておくと癌の発見だけではなく病気予防につながります。 また、食事についても人間同様に気を遣います。自然であり、栄養価が高い食事を与えたりビタミンを補給してあげることが大事です。免疫力をつけさせておくことが病気に打ち勝つための秘訣になっているためです。 また、ナチュラルサプリメントを愛犬に与えることも病気改善に効果をもたらします。消化酵素や抗酸化物質、プロバイオティクスを配合したサプリメントを効果的に与えることで、癌の成長を遅らせて寿命を少しでも長くすることができます。 与える食事についての価格については、どれもそれほど高価なものではありません。日々愛犬の健康を考えながらメニューを組み立てていくことが大事です。