健康を気にする

骨の形のドッグフード

まだまだペットの需要が多く、犬や猫を飼っている家庭はとても多いです。ペットは大切な家族の一員なので、人間と同じように健康状態や食生活にも気を使っている方も多いです。しかし、犬や猫といったペットも人間と同じように高齢化が進み、病気や癌になる割合も増加しています。ペットの死亡例の調査では、犬の25%がガンが原因で死亡しており、10歳以上になるとさらに50%まで上がるとされています。 犬や猫の病気の治療は保険が適用されないので、全て飼い主の実費負担となっています。その為、治療費もとても高額になるケースもあり、ペット保険に加入する飼い主も増えています。ペット保険に加入することで、治療費の負担も軽くなります。

ペットの治療費は、病気や治療方法によって金額も異なります。治療を始める前に、治療期間やリスク、費用などの説明をよく聞いておく必要があります。 動物病院によって違いますが、例えば犬の癌の場合、手術をすると数万円から数十万の費用がかかるとされています。手術後には抗がん剤の投与が数回行われるのが一般的で、抗がん剤は1回につき2万円から3万円程かかります。放射線治療を受ける場合、1回の放射線治療で1万円から5万円程の金額となり、さらに週5回を4週間続けるのが目安とされています。 このように、実費負担で癌の治療を受けさせる場合、とても高額な費用がかかります。ペットが癌にならないことが一番ですが、もしもの時に備えてペット保険などに加入しておくと安心です。